第1回「ベースの名称」

埼玉県さいたま市大宮区にある音楽教室「アクロミュージックスクール」です。
こちらではベースについての解説や座学をご案内していきます。

第1回の今回は「ベース」の名称をご紹介させていただきます。


    目次
  1. ベースの名称

ベースの名称

ベースの名称


①ペグ
弦の片側を巻き付けている金属パーツ。
「ペグ」を回すことで弦の張り具合を調整して、音程を合わせます。

②ヘッド
ネックの先端部分を「ヘッド」と呼びます。
弦の本数やペグの配置によって様々な形があります。

③ストリング・ガイド
1、2弦のビリつきを抑えたり、ナットから弦が外れる事を防ぐために付けられているのが「ストリング・ガイド」です。
弦の張力(テンション)を高くする効果もあります。

④ネック
ボディとヘッドの間にある部分を「ネック」と呼びます。
太さ、形状、材質、塗装の仕上げ方によって音のキャラクターや音の伸びが変わります。

⑤指板
フィンガーボードとも呼ばれる事があります。
こちらも形状、材質、塗装の仕上げ方等によって音色が変化します。
ネックや、指板は演奏の際に触れる事の多い面なので、楽器を買う時は実際にベースを持って感触を確かめてみてくださいね。

⑥ネックジョイント
ボディとネックの接続部分を「ネックジョイント」と呼びます。
ネックジョイントには大きく分けて3つあり、「デタッチャブル・ネック」、「セット・ネック」、「スルー・ネック」等があり、一般的に「デタッチャブル・ネック」<「セット・ネック」<「スルー・ネック」の順に音の伸びが良くなる傾向にあります。


ネックの種類
Ⅰ.デタッチャブル・ネック
ボディの裏からビスでネックを止めているタイプ。

Ⅱ.セット・ネック
ボディにネックを接着しているタイプ。

Ⅲ.スルー・ネック
ボディエンドまで貫いているネックの両側からボディを接着しているタイプ。

⑦ボディ
弦の振動が共鳴する部分で、ピックアップと並んでベースのサウンドに最も影響を与えると言ってもいいと思います。
素材や形状も様々で、アルダー、アッシュ、マホガニー、メイプル等の材が使われています。

⑧ボリューム・コントローラー
ベースからアンプに出力する際の調整用ツマミが「ボリューム・コントローラー」です。
ジャズベース等は、フロントとリアのピックアップごとにツマミが付いている場合もあります。

⑨トーン・コントローラー
ベースの音色を変化させるための調整用ツマミが「トーン・コントローラー」です。
こちらも機種により、低音域、中音域、高音域用のツマミが付いてるものや、上記の写真の用に1つしかツマミが付いていないもの等あります。

⑩ブリッジ
弦の片側を巻き付けている金属パーツ。
弦の高さ(弦高)調整やオクターブ調整を行えます。

⑪ピックアップ
ベース用のマイクのようなもので、弦の振動を拾って電気信号に変換する装置です。
ピックアップで変換した電気信号は、ボリューム・コントローラーやトーン・コントローラーを通ってシールド(ギターとアンプを繋ぐケーブル)を伝い、アンプから音を出します。
ボディと並んでベースのサウンドに大きく影響を与えます。ボディとは違い別のピックアップを取り付ける事も出来るので、購入後に変更為る事もできます。

⑫ピックガード
ピッキングなどでボディに傷がつかないようにするためのパーツ。
形状は様々で、ピックガードが付いていないモデルもある。

⑬ストラップピン
ベースを肩にかけるためのストラップを固定するパーツ。
ブリッジ側にあるストラップピンは「エンドピン」と呼びます。

⑭ポジション・マーク
指板上の位置を分かりやすくするためのマーク。
デザインは様々あり、美しいデザインの物も多くあります。
演奏しながら確認できるように指板の横に付いているマークは「サイドポジション・マーク」と呼びます。

⑮フレット
音程を決めるために指板に打ち付けられている金属パーツ。
様々な素材、形状、太さ、高さがあり、演奏性やサウンドにも影響します。

⑯ナット
弦と弦の間隔を固定して、弦を支える支柱のような役割をします。
素材は牛骨やカーボン等他にも沢山あります。
開放弦の音は「ナット」が支点となるので、ナットの素材によって音のキャラクターやサスティン(音の伸び)が変わってきます。

⑰弦
細い弦から1弦、2弦、3弦、4弦と呼びます。
様々な形状や素材があり、演奏性やサウンドが変化します。

もっと詳しくベースの事を知りたい方は

アクロミュージックスクールでは無料のベースレッスンを行なっています。
フリーカリキュラムのため、分からない事や出来ない事など自由に質問する事ができます♪
無料体験レッスン

TOP